top

自然生態園

自然生態園は讃岐地方の懐かしい古里の風景”ため池のある里山”を復元したフィールドミュージアムです。
園内は「自然生態観察園」と「自然生態展示館」で構成され、総面積は15.6haです。
訪れた人々が懐かしい風景や生き物にふれながら、自然の仕組みや、人と自然との関わりに関心を持ち、理 解を深め、共存のあり方を考える場として利用していただけるよう期待しています。
また、稲作、サツマイモの収穫、うどん作り、竹細工、わらじ作り等の体験や、ウサギなどの小動物 とのふれあいもできるようになっています。
自然生態園は、既開園区域とは全く趣向の異なるエリアです。動物園や植物園とも違うこの空間で、草花の息吹や生態系の神秘を感じ、街の喧噪や忙しい毎日を忘れて、のんびりそぞろ歩きをしてみませんか?

生態園イベント

学んで遊んで自然を感じるプログラム!園内にあふれる豊かな自然をテーマに、インタープリター、ボランティアの方によるガイドウォークなどを行っています。

> こちらから

 

sh2_s北の谷

湿地の状態を保っており、豊富な湿性植物が観察できる谷です。

sh5_s南の台地

果樹園、畑、草地、竹林で構成され、体験イベントの場にも利用します。

sh3_s南の谷

水田跡地を、稲作の田んぼとして復元した谷あいで、植物や虫たちが観察できます。

sh1_s東の谷

東の谷は、移り変わってゆく自然環境の遷移を観察することが出来ます。

sh6_s小池

小さい池ですが、かなりの種類の湿性・水生植物が生育しています。

sh4_s逆様池

逆様池は、「水草の宝庫」です。いろいろな生き物を間近に観察できる場です。

sh7_s自然生態展示館

自然生態展示館では映像や展示物、学習室や作業室で伝承技術の体験などが出来ます。

概要はこちら